掃除の小部屋~汚れと徹底的に戦うブログ~

お風呂、シンク、洗面所などの水回りや窓の掃除に至るまで、家のあらゆるところを簡単にキレイにする方法をご紹介!

洗濯機を本気で掃除する!カビから解放する詳しいやり方はこちら!

洗濯機を本気で掃除する!カビから解放する詳しいやり方はこちら!

ある日洗濯をしていると洗濯物に黒い汚れが着くようになった。そんなことありませんか?

それは洗濯機についた黒カビです。洗濯機は買ってから一度も洗ったことがない。そんな状態ならあなたの家の洗濯機はかなり汚い状態でしょう。それは健康面でも衛生面でも良くありません。今回は洗濯機をキレイに洗う方法をご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯機は実は汚い

「洗濯機は毎日洗剤で洗われているからキレイだよ」

そう思ってしまいますよね。しかし、実はそうではありません。表面的にはキレイに見えても洗濯機の中は洗剤の汚れや汚水の汚れでかなり汚くなっています。

そして、長い間洗濯機の掃除をしていないと、ある日、洗濯物に黒い汚れが着くようになります。それは洗濯槽に付着した黒カビです。もしあなたの家の洗濯機がそのような状態なら今すぐ洗濯機を洗うことをオススメします。

とは言ってもどうやって洗うのでしょうか?
市販では洗濯槽カビキラーなどの洗剤が売っていまが、実際に使ってみると実はそれでは黒カビは取りきれません。

洗濯槽のカビを落とすには、塩素系の洗剤ではなく、酸素系漂白剤を使ってお湯で洗うのがとても効果的なのです。

では、実際に試してみましょう。

洗濯機の掃除、用意する物は?

用意するのは以下の物です。

  1. 酸素系漂白剤400g
  2. お風呂の残り湯
  3. 網じゃくし
  4. 洗濯ネットたくさん

それぞれの用途は以下の通りです。

#1.酸素系漂白剤

洗濯槽に着いた黒カビを浮き上がらせるのに使います。私の家では、60Lの水に対し、400gの酸素系漂白剤を一袋全て使っています。

#2.お風呂の残り湯

洗濯槽の掃除はお湯を大量に使うのでお風呂の残り湯がオススメです。水道代の節約にもなります。温度は40℃~50℃くらいがベストです。

#3.網じゃくし

洗濯槽から浮き出てきた黒カビを取るのに使います。食事用の物ではなく、汚くなっても大丈夫な物を使用してください。

#4.洗濯ネットたくさん

洗濯機の掃除では使いません。後に洗濯をするとき、洗った服にカビが付かないようにするために使用します。

洗濯機の掃除の手順は?

作業は半日から1日くらい時間を要します。休日など時間のあるときに行いましょう。

作業手順は以下の通りです。

  1. 酸素系漂白剤を投入。「洗い」で5分運転。運転後もお湯は捨てない
  2. 20分くらい放置
  3. カビをすくい取る。
  4. 同じお湯を使って再度5分「洗い」で運転

2から4をカビがほとんど出なくなるまで繰り返します。

では、細かく説明します。

#1.酸素系漂白剤を入れて「洗い」で運転

まず、水量を最大にして「洗い」だけで運転します。このとき、水は風呂水を使うようにします。

風呂水は暖かい状態がベストです。事前に追い焚きしておくか、それがダメならヤカンに熱湯を作って混ぜることで暖かさを調整してください。温度は40℃から50℃くらいがベストです。

洗濯機の左右に付いているゴミ取りネットは取り外しておいてください。

注意点は、運転後にお湯を捨ないようにすることです。何回も同じお湯で運転します。運転後に排水をしないように設定しておいてください。

洗濯機にお湯が溜まってきたら酸素系漂白剤を入れます。ケチらずにドバッと入れてしまいましょう。そして5分間運転します。

洗濯をしていると軽く泡立ってくると思います。それは良いサインです。水でやると泡立ちません。黒カビも浮かび上がってきません。必ずお湯でやってください。

また、ゴミ取りネットが付けていると、それが全て拾ってしまいが悲惨なことになります。必ず取り外しておいてください。

#2.泡が収まるまでそのまま放置

5分して運転が終わったらしばらく放置します。泡が無くなるまで放置しましょう。すると悲惨な光景を目にできるはずです。閲覧注意ですが、我が家の状態をご紹介します。

「イヤーーーッ!」

思わず叫びたくなるくらいの光景です…
白い泡の中にたくさん見える黒いものは全て黒カビです。こんなに大量のカビが付いた洗濯機で今まで洗濯をしていたわけです。果たして今までの洗濯物はキレイになっていたのかものすごく疑問です。

#3.大きなカビだけ取り除く

泡がおさまったら、浮かび上がった黒カビを網じゃくしですくい取ります。汚くて嫌でしょうががんばって取りましょう。大きい物を適当にすくうだけで構いません。細かい物は放置しても大丈夫です。

大きいカビだけすくい取ったら同じ水で再度5分「洗い」で運転します。すると更にカビが出てきます。これをまたすくい取ります。

2〜3回同じことをすると大きなカビが少なくなってきます。

#4.ゴミ取りネットをつけて細かいカビを取り除く

次は今度はゴミ取りネットを付けて同じように「洗い」をしましょう。

ゴミ取りネットを付けることで今度はゴミ取りネットが細かいカビも含めて収集してくれます。

その状態で何回か「洗い」を繰り返すと細かいカビ以外は出なくなります。その状態までいったら次のステップです。

#5.排水、すすぎ、脱水をする

汚い水が残るのでそれを排水します。写真は、私が試した時の排水前の水です。かなり濁っています。おまけにこの水は臭います。洗濯機がいかに汚かったかが分かるかと思います。

「すすぎ」と「脱水」を行い、酸素系漂白剤の入った水を捨てて運転を完了させます。「すすぎ」は風呂水でも大丈夫です。私はもったいないのでいつも風呂水で行っています。

「すすぎ」の時の注意点は、水が抜け切った段階で運転を一時停止して底に付いたカビを取ってしまうことです。これは「すすぎ」の段階でどれくらい黒カビが残っているかを知るためです。

黒カビを取ったら脱水をします。脱水まで終わるとまた洗濯機の底にカビが出ていると思うのでまた取ってしまいましょう。

写真は私が試した時の脱水後の写真です。何回も「洗い」で回したのに底に細かいカビが残っていました。

#6.再度空で運転をする

細かいカビを取り除き再度水を満タンにして「洗い」で運転をします。ここでは洗剤も漂白剤は要りません。水のみで運転します。

この時、ゴミ取りネットに溜まる以外で黒カビが出ないようなら洗濯機の掃除は完了です。出るなら同じように網じゃくしですくい取りましょう。

#7.カビが出なくなったら完了

私の経験上、完全にカビが出なくなるまでにはかなりの回数を繰り返さないといけません。私は面倒なことが嫌いなので、ある程度出なくなったらもう止めてしまいます。

そして、黒カビが完全に出なくなるまでは、全ての洗濯物を洗濯ネットに入れて洗うようにしています。洗濯ネットがたくさん必要と書いた理由はこれです。

洗濯は大量の水を使うので水代もかなり必要になります。また時間もたくさん必要なのでほどほどでやめることも肝心です。

洗濯機はこまめに掃除することが大事

今回の手順を見ても分かる通り、洗濯機の掃除はかなり大掛かりです。そのため、時間が無いとできません。できれば年に一回にしたいところです。

でも、それではまた汚れたままの洗濯槽で洗濯をすることになってしまいますよね。そこで役に立つのが洗濯槽カビキラーなどの市販の洗濯槽洗剤です。

これらを使ってもカビがごっそりでることもありませんが、キレイな状態の洗濯槽をキレイなままに保つための手助けはしてくれます。これらの洗剤を上手に使うことで大掛かりな掃除を減らしてしまえばいいのです。

カビキラーなどの洗濯槽洗剤なら、洗剤を投入して自動運転をするだけなので手間も時間も必要ありません。風呂の残り湯を使えば水代も不要です。

洗濯機をキレイに保つためには日々の手入れが大切です。用途によって様々な洗剤を使い分けながらキレイな洗濯機を保つようにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事下の下




記事下の下




この記事を書いている人

磐田 隆行
キレイ好きなお父さん。 でも、掃除はそこまで好きではなく、むしろ苦手… 部屋をキレイにするために色々な洗剤を試したり、いろいろな掃除方法を試しています。